薬,美容

2011年04月16日

多くのいい女が 悩むクラミジア:医薬品 クラミジア治療の薬 

[女性の性器クラミジア感染症] は、きわめて症状が軽く、感染症例の5人に1人しか症状が出ません。たとえ症状が出ても、わずかに帯下(おりもの)があったり、不正子宮出血や下腹部痛が出る程度で、医師でも気を付けないと見落とすような、感染をそれと自覚出来ないことが殆どなのです。

 一般市民の中の若い10代の女性の間に、クラミジア感染がこれ程広がっていることが明らかになったのは、驚異的なことでした。

そのため、ようやく“若い10代の女性が危ない”とテレビや新聞などが取り上げるようになり、社会的にも注目されるようになりました。

ただ、放置すると菌が消えないため、いつまでもパートナーヘの感染源として菌をばらまくばかりか、自分の中でも尿道炎から、さらに体の中に入って“副睾丸炎”や “慢性前立腺炎”などをおこすようになります。このオーラル・セックスによる感染は、淋病や梅毒はもちろんのこと、へルペス、さらにはエイズもおこるとされています。

 このことを、一般の女性は、殆ど知らないでいるのです。一方、男性でも、今回の調査による報告数と同数の無症候症例が陰にいる、と推定されています。

時として子宮頚管から上行性に子宮、卵管を経由して腹腔内へ感染が波及します。卵管周囲炎や骨盤腹膜炎、肝臓周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群)などは原因不明の腹痛の原因になっていることがあります。卵管周囲の癒着や、卵管通過性の障害が起こると子宮外妊娠や卵管性不妊症の原因となります。
posted by daitto at 05:10 | 生活習慣病って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラミジア治療の薬 クラミジアを治すための医薬品

寒天上では培養できないため、検出が困難であったが 男性は尿道炎や、かゆみなどの症状がでるが、女性は無症状の場合が多い。しかも陰部疱疹 発生箇所は陰部になります。寒天上では培養できないため、検出が困難であったが 男性は尿道炎や、かゆみなどの症状がでるが、女性は無症状の場合が多い。
クラミジア咽頭感染を、アジスロマイシン1,000mg単回投与、クラリスロマイシン400mg・分2・7日間、クラリスロマイシン400mg・分2・10日間、クラリスロマイシン400mg・分2・14日間、レボフロキサシン300mg・分3・7日間、レボフロキサシン300mg・分3・10日間、レボフロキサシン300mg・分3・14日間で治療した成績を示した。いずれの治療群においても、治療終了後22日目のPCR法の成績に基づいて治療効果を判定した。アジスロマイシン1,000mg単回投与では、子宮頸管および咽頭の除菌率は、それぞれ100%および86%、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの10日間以上の投与群では、子宮頸管および咽頭の除菌率は100%であったが、咽頭の除菌率は、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの7日間投与では、83%にとどまっていた。この結果から、その原因は不明であるが、クラミジア感染は、性器に感染したものと比較すると、咽頭に感染したものでは、治療に時間がかかることがわかる。
posted by daitto at 04:59 | 生活習慣病って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

静かに流行り始めている婦人病:クラミジア

クラミジア感染


 クラミジアに感染していると、他の性行為感染症やHIVの感染率が飛躍的に高くなる。アジスロマイシン耐性のクラミジアも増えている。
男性では、軽い排尿痛や尿道のかゆい感じがあります。女性では子宮頸管炎を起こし、おりものが少し増える程度で、感染してもわからない場合も多くあります。
クラミジアの症状としては、おりものの増加、不正出血、下腹部痛、性交痛などがありますが、女性の8割が症状が現れないと言われています。放っておくと、不妊症や早産、流産の危険性もあります。


寒天上では培養できないため、検出が困難であったが 男性は尿道炎や、かゆみなどの症状がでるが、女性は無症状の場合が多い。しかも陰部疱疹 発生箇所は陰部になります。寒天上では培養できないため、検出が困難であったが 男性は尿道炎や、かゆみなどの症状がでるが、女性は無症状の場合が多い。

ほとんど自覚症状のないクラミジアについては、一般女性の8人に1人が感染しているというデータもあります。
よく クラミジア感染症は致命的な病気ではないので、それほど大騒ぎをしなくても、という人がいます。しかし、放置しておくと、かなりの人が知らない間に不妊症になりますし、たとえ妊娠しても、母子感染で赤ちゃんに感染し、大きな問題をおこしていることを忘れないで下さい。

クラミジア咽頭感染を、アジスロマイシン1,000mg単回投与、クラリスロマイシン400mg・分2・7日間、クラリスロマイシン400mg・分2・10日間、クラリスロマイシン400mg・分2・14日間、レボフロキサシン300mg・分3・7日間、レボフロキサシン300mg・分3・10日間、レボフロキサシン300mg・分3・14日間で治療した成績を示した。いずれの治療群においても、治療終了後22日目のPCR法の成績に基づいて治療効果を判定した。アジスロマイシン1,000mg単回投与では、子宮頸管および咽頭の除菌率は、それぞれ100%および86%、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの10日間以上の投与群では、子宮頸管および咽頭の除菌率は100%であったが、咽頭の除菌率は、クラリスロマイシンおよびレボフロキサシンの7日間投与では、83%にとどまっていた。この結果から、その原因は不明であるが、クラミジア感染は、性器に感染したものと比較すると、咽頭に感染したものでは、治療に時間がかかることがわかる
posted by daitto at 03:35 | 生活習慣病って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。