薬,美容

2009年09月03日

痛風の原因と対策、薬

痛風発作時には高「尿酸」血症治療剤(痛風治療剤)は原則として使わず、痛風関節炎の炎症が完全に治ってから使用する。これは、発作時に血中の「尿酸」値を急激に下げると、発作の重症化、遷延化を起こすことが多く、鎮静化ができなくなるからである。「尿酸」が飽和状態になっている時に、急に「尿酸」値を低下させると、「尿酸」の結晶化が増大する。
原則的に「尿酸」産生過剰型には「尿酸」合成阻害剤、「尿酸」排泄低下型には「尿酸」排泄剤を用いる。両病態を検討する簡便法として、尿中の「尿酸」/クレアチニン比を用いる。0.5を超えると「尿酸」産生過剰型が多く、0.5以下では「尿酸」排泄低下型が多い。
posted by daitto at 03:51 | Comment(0) | 痛風、足痛い初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

痛風、足・足首痛い、痛風の初期症状と対策

日本では高度経済成長とともに食生活が変化しました。高たんぱく、高脂肪、高カロリーの食べ物が多くなり、野菜や米などの炭水化物が少ない食事になったのです。肥満や生活習慣病の患者が増えていき、高「尿酸」血症の患者も増加これに併せるかのように痛風も増加しました。

 ヒトには「尿酸」分解酵素(ウリカ−ゼ)は無いので、「尿酸」は分解されない。従って、生体内ではプリン体の最終産物が「尿酸」である。正常人では平均 1,200rの「尿酸」 が体内でプ−ルされ、その60%に相当する 700rが 1日に産生される。同時に産生とほぼ同じ速度で排泄され、平衡を保っているので、プ−ルはほぼ一定の状態で、バランスが保たれている。



痛風の原因には「尿酸」が大きく関わっています。「尿酸」は元々体の中に存在しています。しかし食生活の乱れやストレスが原因で「尿酸」値が上がってしまうのです。アルコール、特にビールの飲みすぎは痛風の原因といわれています。プリン体を増加させるうえ、「尿酸」の排泄量を低下させ、結果的には「尿酸」値を上げる原因になります。以前は贅沢病と言われていたほどですが、現在は誰にでも起こりうるのです。患者の2割は家族に痛風の人がいることから、遺伝的な要因もあると考えられています。

ヒドイ人だと10mg/dl以上の人もいます。女性は男性よりも「「尿酸」」の血液中の濃度が
つまり、痛風を治すには「高「尿酸」血症」をいかに下げるか!!になります。そのためには「血清「尿酸」値」の値を減らすのはもちろん定期的に行った検査の「血清「尿酸」値」の成績をチェックすることが大変重要になります。「血清「尿酸」値」の正常値は男性では4〜7mg/dl女性は3〜5mg/dlです。いかにこの正常値まで減らしそして維持することができるかによって完治」することができます。
 痛風発作には抗炎症作用が最も重要であり、かつ鎮痛作用を有するものを、そして短時間作用型のものを選ぶ。発作が治まればすぐに使用を中止するなど短期間に限り、副作用に注意して用いる。
 混合型には排泄促進剤が用いられてきたが、両剤併用も行われる。
posted by daitto at 15:00 | Comment(0) | 痛風、足痛い初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。