薬,美容

2009年09月14日

ドーピング検査

この前の勉強会での話なんだけど。講師の先生はいつも最初に最近の話題を色々と話してくれるの、わたしは勉強より、いろんな話がタイムリーで聞けるか行ってるようなもの。

前ふりの話の中に、世界陸上が今度あるけど、スポーツDrして世界各国ついて行くDrに「世界中行けていいですね」と言ったようですが、Drは「全然」と答えたとのこと。

一般人から言えば、選手の健康管理をするのがDrかと思うのだけどれも、実は選手がオシッコを出すのをひたすら待って検査するだけのようです。

というのは、一流のアスリートは少々体調悪くても、アドレナリンが出まくってるから、熱出ててもなんのその状態なんだそうです。一流アスリートはそんなものだそうです。ではDrは?性別やドーピングの検査で、地道にオシッコ検査をひたすらするのだそうです。

一流のアスリートは差し入れは絶対口にしないそうです。陥れるためのものが入っている可能性もあり、陥れる気はなくっても引っ掛かるものもあるからだそうです。

いろいろ知らないことは多いですね。

タグ:ドーピング
posted by daitto at 22:10 | 薬剤師の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

認知症

彼ってきっと老後認知症になったら、、、(こんなこと書くと彼がこのブログ読んだ時勝手にボケさすなって怒るだろうな)、、、

絶対ぜ〜〜ったいに訪問看護のナースの足を寝ながら触りまくるだろうな。

認知症って性癖が出てくるみたい。神に仕える神父さんもどうもそうみたいだし、彼もきっと女を求めるだろうな。そしてまわりの者は謝りまくるだろうな。
posted by daitto at 00:00 | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

副流煙の影響、それより禁煙!

副流煙の受動喫煙は問題だ。わたしはタバコをほとんど吸わないから煙はやっぱり嫌い。(彼は今禁煙中です。)最近は喫煙場所がなかなか無いせいか道で歩きながら吸っている人が多いような気がする。駅から会社へ向かう時に吸ってる人が多くなっているように思う。
低タールとかのうたい文句でmgの少ないのがある。彼もそう言ってmgの少ないのを前は吸っていた。このmgはどういう風に測定数値かというと、フィルターを通しての一定方法でのフィルター側(喫煙者側)の測定数値なわけ。つまり副流煙である受動喫煙になる方の煙の中はいわゆる普通のタバコと同じくらいタールやニコチンその他の有害物質を含む。低タールだから受動喫煙の方も害は少ないだろうと考えるのは大きな間違いだとわたしも昨日初めて知った。
JTにしても政府にしてもそういう事実をおおっぴらには言わないようにしている。タバコの宣伝やパッケージ、警戒写真・警戒文書は日本は海外とは異なる。嗜好品だから無くなるわけではないが、吸う人のモラルの啓蒙もしないといけないが、吸わない人にも影響のあることをもっと知らせて欲しいとわたしは思った。自分が吸わないから知らなかったが、知ってしまうと恐ろしい事実。
 彼が禁煙して3ヶ月ほど。1000円になっても俺は吸う!と豪語していた彼がよくがんばって禁煙している。わたしはうれしい。だってキスが苦くないんだもの。よくね、禁煙すると体重が増えるって言うでしょ。実は彼よりもわたしの方が禁煙後の体重が増加しちゃった。何故???!!!
posted by daitto at 10:59 | Comment(0) | 禁煙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。